ベトナムのお仕事事情|魅力あふれるベトナムで仕事をしよう【働く際の情報が満載です】
ロゴ

お仕事発見ナビ

日本とは異なるベトナムの就職習慣を確認することが大事です

日本と異なるベトナムの就職事情を理解しよう

ベトナムは外国となっているので、もちろん日本と比べて就職活動や就職までの流れなど異なる部分が多いです。臨機応変に対応するために、事前にベトナムの就職事情を理解しておきましょう。前もって理解していることで、スムーズに仕事を見つけることが出来ますよ。

ベトナムのお仕事事情

求人

就職活動をする期間

ベトナムの企業の特徴として、早い時期から入社する人材を確保することが多いです。そのような特徴を持っているため、スピーディーな就職活動が一般的となっていますよ。何も問題なく進むことが出来れば、書類選考や面接、採用までの期間が1カ月足らずということも珍しくありません。企業は採用から1~2か月ほどで勤務出来る人材を希望しており、もし勤務開始時期は4か月以上になってしまうと、面接が行なえないことがあるので注意が必要です。現地で勤務開始出来る2~3か月間に、気になる企業に応募すると良いでしょう。

ベトナムの面接

日本にいながらベトナムの仕事を応募した際に気になるのが、面接方法ですよね。基本的に日本に住んでいるときに行なうベトナム企業の面接は、1次面接だと電話ですることもあります。そこで1次面接に受かると、次のステップとして現地に行き、面接官と対面方式の面接を実施することが多いです。その際にかかる費用は自費になることが多いので、滞在中は複数の企業に面接のアポを取るのがポイントです。

内定してから仕事開始までの期間

海外で働く際に必ず必要となるのが、労働許可証になります。これがないと海外で就職することが出来ないので用意するのを忘れないようにしましょう。しかし、ベトナムでは働きながら、この労働許可証を取得することが可能です。必要な手続きを取って取得すると良いですよ。また、このような取得方法もあることから仕事が決まってから大体2週間~1か月後にベトナムに行くのが基本となっています。

必要となる資金

ここでは仕事が始まるまでに必要となるお金について見ていきます。主に必要となる資金は「渡航費」「面接に行く際の交通費」「ベトナムでアパートを借りるときの契約頭金」になります。また、ベトナムに行く際はクレジットカードがまだあまり普及していないので、多めに現金を持つことをおすすめします。

労働許可証を取得しよう

上記で説明した通りに、海外で働く際は労働許可証の取得が必須になります。そこで、この労働許可証を取得のときに必要なアイテムなどを確認していきましょう。基本的にパスポートのコピーや写真、健康診断書、無犯罪証明取得が必要です。これらを揃えて申請を行なうことで、取得が可能になっていますよ。また、転職・支援サービスではこれらのサポートも行っているので安心です。